プロミスの金利は、何パーセントですか?

カードローン「プロミス」は、金利が低いことで大変な人気となっています。

さて、そんなプロミスの金利は一体何パーセントで設定されているのでしょうか?

実は、プロミスには用途に合わせて様々なローンが存在し、ローンの内容によって金利も変わってくるのです。
最もポピュラーな「フリーキャッシング」と呼ばれるローンでは、年利6.3〜17.8パーセントとなっています。
これは数あるカードローン会社の中でも、かなり低めの設定となっています。

次に、プロミスで人気の高い「事業者向けローン」の金利ですが、こちらも同じく年利6.3〜17.8パーセントで設定されています。
一般的に事業者ローンは審査が難しく、自営業者の方には少々ハードルが高いのですが、プロミスでは柔軟な審査と低金利が大きなメリットとされています。

また(借りるお金の)目的があらかじめ決まっている方には「目的ローン」と呼ばれるローンが大変オススメです。
こちらはレジャー・旅行、マイカー購入、結婚、出産、教育資金など様々な用途に活用できる上、金利6.3%~16.5%と非常にお得なローン内容となっています。
急な家庭の事情に合わせて、上手く活用すると良いでしょう。

また、総量規制の関係で1/3を超える借り入れが出来ずに困っている方、多重債務でお悩みの方にはプロミスの「おまとめ目的ローン」がおすすめです。
プロミスが一括返済を(立て替えで)行い、完済した後にプロミスに低金利で返済をするという、いわば「借り換え」のローンですが、15.0パーセントという低金利で返済出来るので非常にメリットは大きいと言えます。

また、プロミスでは「30日間利息0円(無料)」というサービスを行っているので、給料日までのピンチを何とかしたい…という、方であれば利息を気にせずにお金を借りる事が出来るので大変便利です。
すぐに返済を出来る方や、少額の借り入れを希望する方にはピッタリのカードローンと言えるでしょう。

 

 

銀行の即日融資の金利は低い?

銀行の即日融資は、他融資会社よりは低金利での即日融資である事は確かです。

ただし、即日に利用が可能な融資は、目的を持つ銀行ローンより金利が高いという事は念頭に置き、利用は検討するべきです。

つまり、目的のある資金の要り用なのだけれど「早いから」だけの安易な理由で即日融資を利用しても金利は極端な場合「10.0%程違ってくる」場合もあるので、その辺は十分に認識し検討した上でローンは利用しなくてはいけません。

10万円を2.0%で借りるのと、10万円を12.0%で借りるのは、金利差も大きく返済負担も多くなりますので、この部分はきちんと認識し、例え低金利の銀行ローンを利用する場合でも良く考えて申込む事が大切です。
とはいえ、銀行の即日融資は、他融資機関に比べ比較的低金利である事は確かです。

限度額も非常に大きく、最高限度額が「500万円」「800万円」というローンも多数ありますから、色々な用途に役立てられる融資商品です。

銀行の即日融資に伴う金利は、おおよそ各銀行共に「3.0%~15%」以内で利用出来る融資商品であり、消費者金融業者の即日融資と比較する場合、最高金利は「3.0%程度」低く利用出来るものとなりますので、それだけ返済の負担を軽減し利用できます。
ただし、銀行の即日融資は、最短で即日に融資が実現するというものなので、必ずどなたが申込んでも、その日に融資が利用できるとは限らないという事もよく踏まえ、銀行融資は利用しなくてはいけません。
また銀行の即日融資は低金利といえども、銀行の即日融資より低金利で即日融資を提供する融資機関もありますので、即日融資を利用したいという場合は「銀行➞低金利」という意識は捨てて、各融資機関の融資商品を見比べる必要もあります。
しかも、どこの銀行でも即日融資を取り扱っているというわけではなく、各銀行により融資商品は異なるので、銀行の即日融資を利用したいという場合は、商品内容をよく確認し利用の負担もしっかりと考えて申込みを行う事が必要です。